【Illustratorで簡単】鏡面描写で左右対称な図形をつくろう!

みなさんこんにちは!プロクラスの村瀬です。
Illustratorで図形を作成する時に、きれいな左右対称にしたい…でもそれって細かい図形だと結構めんどくさい…全体の完成図を確認しながら編集できたらいいのにと感じたことはありませんか?

今回は片面だけの調整で簡単に左右対称な図形を作れる「鏡面描写」を行ってみたいと思います!

ガイドを引く

まずは、図形を作りやすくするためにガイドを中心に引きます。
「Ctrl+R」(Macはcommand + R)で定規が上側と左側に表示されるので、左側の定規の上でドラッグしながらガイドを作成します。適当なところで離して大丈夫です。

正確な位置で中央にガイドを配置するために、まずはガイドをクリックして選択します。ロックされていて選択できない場合は、上部にあるメニューバーの[表示]>[ガイド]>[ガイドをロック解除]で動かせるようになります。

コントロールパネル内の[水平方向中央に整列]をクリックすると、ガイドが中央に配置されます。

コントロールパネルが非表示の場合は[ウィンドウ]>[コントロール]をクリックすると表示されます。

図形を半分だけ作成

ガイドラインに合わせて半分のパーツだけペンツールなどで図形を作成します。今回は星を作ってみたいと思います。

続いて今作成したパーツを左側にも反映させるために[ウィンドウ]>[グラフィックスタイル]を選択します。

図形を選択した状態で、[グラフィックスタイルパネル]の「alt + ライブリフレクトX」(MacはOption + ライブリフレクトX)をクリックします。

ライブリフレクトXのアイコンが出ていない場合は、[ライブラリーメニュー]>[追加]の中に入っていますので、アイコンをクリックすれば追加されます。

左側にも同じパーツが表示されました!ちょっといびつな星になりました…が、図形の調整をする際に鏡面描画の便利さが発揮されます!

図形を調整する

ツールバーから[ダイレクト選択ツール]をクリックし、調整したい部分を選択して位置の調整をします。すると左側のパーツも同じように位置が変わります。

通常のオブジェクトに変換する

今の状態は右側だけしか図形が無い状態なので、形の修正が終わったら作成したパーツを通常のオブジェクトにしていきます。

メニューバーの[オブジェクト]>[アピアランスを分割]をクリックします。

すると、左側のパーツもオブジェクトとして実在する状態になりました!

ただ、左右のパーツはそれぞれ独立した状態なので、最後にパスをつなげていきます。メニューバーの[ウィンドウ]>[パスファインダー]をクリックします。[パスファインダーパネル]の合体を選択してパスをつなげたら完成です!

いかがでしたでしょうか。対照な図形を作成する際の参考になれば幸いです!
それではまたお会いしましょう!

スポンサーリンク