• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

【WordPress】ホームページへのお問い合わせ管理に、Flamingo(フラミンゴ)を使おう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

こんばんは、プロクラスの中山です!
もうWordPressがあればほぼどんなWebサイトでも作れちゃいますね〜!
使いこなせれば強い味方です。

>>プロクラスの授業一覧はこちら
https://proclass.jp/class/

今日もWordPressの便利なツールのご紹介です。

お問い合わせの一覧をCSVでダウンロードしたい!

WordPressでホームページを作られている方の多くは、サイト上にお問い合わせフォームを設置されているのではないでしょうか。

おそらく、「Contact Form 7」というプラグインを使ってお問い合わせフォームを動かしている人が多いと思います。
管理画面のメニューにある「お問い合わせ」をクリックした時のこのような表示を見たことがあるという人も多いのではないですか?

左の「スパムが来ました?」というのは「Akismet」と「reCAPTCHA」というスパム(迷惑メール)防止ツールのしょうかいですね。

そして、右側にある「こぼしたメールを嘆く前に。」と書いてあるのが今回ご紹介する「Flamingo(フラミンゴ)」です。

Flamingo(フラミンゴ)とは?

この説明を見てもあまりピンと来ませんよね。
(というよりこの説明をちゃんと読んだことない方も多いですよね)

Contact Form 7はお問い合わせがあったらメールでお知らせしてくれるのですが、管理画面の中に問い合わせされた内容は保存していません。
そのため、何らかの理由でメールが受信できなかった時や間違えてメールを消してしまった時はお問い合わせされた内容がどこからも見れなくなってしまいます。

そんなことを防ぐために、お問い合わせが送信されたら管理画面の中にも情報を保存しておきますよ!というのがこのFlamingo(フラミンゴ)のお仕事です。

そして、もう一つ便利な使い方があります。
それはお問い合わせ履歴一覧をCSVで出力できるという点です!

例えば、メールフォームからお申し込みされたお客様を一覧で見たい時に、届いたメールからいちいちエクセルなどに転記していくのは面倒ですよね。
そんな時はCSV出力してしまえば一気に資料を作ることができますよ!

Flamingo(フラミンゴ)をインストールしよう

Flamingo(フラミンゴ)を使いたい時は、まず前提としてContact Form 7を使っている必要があります。
すでにContact Form 7を使っているよ〜という方は左メニューの「プラグイン」をクリックしましょう。

「プラグイン」を開いたら、ページ上部の「新規追加」をクリックしてください。

新規プラグインを探したい時は検索窓にプラグイン名を入力しましょう!
下記の画像のように「Flamingo」と入力します。※Framingoではないのでご注意ください!

おー、Contact Form 7と一緒に出てきましたね。
作った人が同じです。「Takayuki Miyoshi」さんですね。日本人の方が作っているので安心感。

この「fla」と書いてあるプラグインを見つけたら、「今すぐインストール」&「有効化」してください!

Flamingo(フラミンゴ)を有効化!

このプラグインは有効化すればすぐ動き出します。
そんなにお問い合わせフォームをカスタムしていない人は、基本的には何も触らなくてOK。管理画面の左のメニューにある「Flamingo」というメニューの中に「問い合わせされた方の一覧」と「問い合わせの受信メッセージ一覧」が並びます。

お問い合わせフォームをカスタムしている人は注意!

例えば、お名前の欄を「your-name」という元々入っていた設定で運用していたらOKなのですが、「姓」「名」など入力欄を分けている人は少しカスタムが必要なので注意が必要です。

プラグイン作者のTakayuki Miyoshiさんが下記ページに説明を書いているのですが、ちょっとわかりにくいですね…

Flamingo で送信されたメッセージを保存する

デフォルトではこれらの項目は Contact Form 7 のデフォルト入力項目、your-subject、your-name、your-email から値を取ります。したがって、コンタクトフォームの内容が変更されておりこれらのデフォルト入力項目がない場合には、件名送信者欄に正しい値が表示されません。

そのような場合には各項目のカスタマイズを試してみましょう。

もし送信者の部分に「姓」「名」それぞれの入力欄に入れられた文字を並べて表示したい場合は、下記のようになります。
さらに、「your-subject」の件名入力欄を消してしまった場合は任意のタイトルを入れられます。

「フォーム」タブに入れた入力欄のショートコード

「その他の設定」に入力した内容

…自分が該当するかわからないよ〜という方は一回プラグインを動かした状態でテスト送信してみて、フラミンゴの受信メール一覧を見てみてください!

Flamingo(フラミンゴ)でお問い合わせ履歴を確認しよう

例えば、2件のお問い合わせがあった場合は「受信メッセージ」は下記のような表示になります。

これらの一覧を出力して資料にしたい場合は、「エクスポート」を押すとCSVで出力してくれるのでとても便利です。

エクスポートしたデータをエクセルで開いたら文字化けしちゃったぜ〜!という方はGoogleスプレッドシートなどで開いていただくといいと思います。

エクスポートしたCSVを開くとこんな感じ。
あとはエクセル資料として編集していただくことが可能です!

結局どうしたらいいのかわからん(笑)という方へ

何となく便利そうだけどよくわからんな〜、自分では設定が難しそうだな〜という方は、プロクラスが設定をサポートいたします。
マンツーマンレッスンに来ていただくことも可能ですし、「サポートチケット」を使ってこちらで設定をすることもできます。

その他、ホームページやWordPressなどについてご不明な点がある方はまずはプロクラスまでお気軽にお問い合わせください

セキュリティには注意!

最後に一つご注意いただきたいことがあります!

Flamingo(フラミンゴ)を使うと、お客さんの個人情報がサイトの中に保存されます
その為、悪い奴がサイトに侵入してしまうと個人情報を抜き取られてしまう危険があります。

その辺りの管理はしっかりと考えてから上記のプラグインを導入しましょうね!
ログイン情報が流出したりしたら大変ですよ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
各地で開催中!

【簡単ホームページ制作!はじめてのWordPress講座】
受講者満足度95%以上の人気講座!

WordPress東京
【簡単ホームページ制作!はじめてのWordPress】講座詳細はこちら