【初心者向け】Googleアナリティクスの使い方

imgres


こんにちは。プロクラスの飯島です。

最近、「Googleアナリティクス」を使いはじめた初心者です。「Googleアナリティクス」ってご存知ですか?

■Googleアナリティクスとは?

Googleが提供する無料で使えるとっても高性能なアクセス解析ツールです。様々な情報収集が可能で、ホームページやブログの運営をするにあたって導入しておきたいツールなのです。

 とは言ってもこのGoogleアナリティクス、高性能であるが故に初心者にとってはとっても難しい!ということで、初心者による初心者のための『Googleアナリティクス』の使い方をまとめていきたいと思います!

ここではGoogleアカウントの取得や設置方法については割愛しますので、詳しくは調べてみてくださいね!

■基本!ユーザーサマリーを見る

Googleアナリティクスの中でも1番見ることの多いページです。

まずは、Googleアナリティクスへログインします。⇒https://www.google.com/intl/ja_jp/analytics/
Googleアカウントが無い方はアカウント作成から進んで下さいね。

ホーム画面が表示されます。「すべてのウェブサイトのデータ」をクリックして進みます。

home

下図のような「ユーザーサマリー」が表示されます。はじめは直近1ヶ月のデータになっており、右上にある日付をクリックすると、計測期間を設定できます。1年間とか1ヶ月とか自由に設定できますし、2つの期間を設定して比較することもできます。

004

例えば1ヶ月ごとのデータで計測するとその下のグラフでは日毎の移り変わりが見れます。さらに、グラフにカーソルをもっていくと日毎のデータも確認できます。

666

また、はじめは「セッション」のグラフが表示されていますが、項目を切り替えることで他のグラフも表示できます。

555

■ユーザーサマリーの基本用語

222

「セッション」…サイトへの訪問数。
期間内に同じ人が数回訪問した場合は、それぞれ1カウントされます。

「ユーザー」…サイトへの訪問人数
期間内に同じ人が再度訪問しても1人となります。

「ページビュー数」…サイト内で読まれたページ数
同じ「ユーザ」が複数ページ見た場合もそれぞれ1カウントされます。

「ページ/セッション」…1回のセッションあたりの平均閲覧ページ数

「平均セッション時間」…サイト平均滞在時間

「直帰率」…1ページだけ読んで離脱したユーザーの割合
高いほど問題がある可能性が…。一般的な目安は40%程度と言われています。

「新規セッション率」…サイトに初めて訪問したユーザーの割合
低いほどリピーターが多いということになります。

■まとめ

いかがでしょうか?これだけでも、自分のサイトが”どのくらいの人に見られているのか”が分かるようになるかと思います。今回は本当に基本中の基本ですが、まずは「ユーザーサマリー」の見方に慣れていきましょう!続きはまたの機会ということで。

スポンサーリンク