• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

【初学者の方へ】パラシュート勉強法という考え方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

こんにちは、プロクラスの山本です!

突然ですがみなさん、プログラミングを勉強していて

もう無理だ・・・こんなの覚えられる気がしない!!!

と、思った事はありませんか?
私は何度もあります・・・

覚える事がとても多いプログラミング学習において、こう思う人はかなり多いはずです。
よっぽどの優秀な方でない限り、普通に勉強していては習得にかなりの時間が掛かります。

そこで、今回はパラシュート勉強法という考え方について解説していきたいと思います。

パラシュート勉強法とは

パラシュート勉強法はコツコツとした勉強法ではありません。

難しい問題を解くためであったり、
仕事で必要なことがわかったうえで、
その都度抜け落ちている部分に関係することを
目的意識を持ってから学習する方法です。

たとえば、手元に参考書があったとしたら、最初から1ページずつ読むのではなくて、必要なことが書かれているページとその周辺だけを拾い読みするようなやり方です。

要するに、目的地に向かって急降下するように、
ピンポイントに的を絞って学習をする勉強法、その様子がパラシュート勉強法と呼ばれる所以です。

体系立った知識の習得よりも、まずは目の前の課題にフォーカスするやり方とも言えます。
これを繰り返していくと、点と点だった知識が線に、線と線が面になっていき、徐々に体系立った知識の習得につながっていきます。

ですので、「○○を学んだから××をやってみる」ではなく、「××をやりたいから○○を勉強する」といった具合に勉強を繰り返すのです。

プログラミングの世界ではたくさんのコンピューター言語がありますし、言語を知らないと仕事に支障がでます。

しかし、全てを勉強するというのはとても困難で、
必然的に現状の仕事に関係する部分のみ勉強することになります。

これはまさにパラシュート勉強法そのものです。

プログラマの間では有名な勉強法らしいですが
それ以外の仕事を覚えるのにも応用できる
実践的な勉強方法であるとも思えます。

このように、パラシュート勉強法は勉強が苦手な人にこそ効果的で
ぜひとも取り入れていただきたい勉強法です。

日進月歩のIT業界で、最も必要なのは勉強よりも「勉強の方法を学ぶ」という事なのかも知れません。
みなさん、目的意識を持って要領よく効率よく勉強していきましょう!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
各地で開催中!

【簡単ホームページ制作!はじめてのWordPress講座】
受講者満足度95%以上の人気講座!

WordPress東京
【簡単ホームページ制作!はじめてのWordPress】講座詳細はこちら